安全な白髪染め使っていますか?

安全な白髪染めが脚光を浴びています。

なぜなら白髪染めを行った際、皮膚へのトラブルが報告されているからです。
報告されているトラブルは思っている以上に深刻で、アレルギーで皮膚炎を起こし毛染めを行った場所以外にも腫れや赤みが広がり、大変な事態になったとのこと。

安全な白髪染めを使うことは、日常生活を送る上で大切なことになりつつあります。

そういったアレルギーが報告された1つとしてあげられるのが酸化染毛剤というもの。
これには、昔は当たり前だったニオイのきついヘアカラーが上げられます。

今では厚生労働省が酸化染毛剤は危険であると発表し、ヘアカラー・ヘアダイといった商品に向けて注意喚起を行っています。

では、安全な白髪染めとは一体何をさすのか。
それに該当するのが半永久染毛剤というもの。
ヘアカラートリートメントなどの商品がそれにあたります。

安全な白髪染めというのはヘアカラーには存在しません。
そのため半永久染毛剤のトリートメントで染めていくことが大事になってきます。

ヘアカラートリートメントは本当にアレルギーなどの症状を起こさずに済むのでしょうか。

結果は酸化染毛剤と比べ、ヘアカラートリートメントで染める方がアレルギーを引き起こすとされているジアミンという成分が配合されていないことで、頭皮に何らかのトラブルが出ることは回避でき、一番恐ろしいアナフィラキシーを起こすこともあまりないとされています。

ですが、どんな安全な白髪染めと紹介されている商品でも、本当に信頼するのはパッチテストを行ってからがいいでしょう。

アレルギーなどの症状が起きないかという問題は、個人によって結果は異なります。
そのため、面倒と思われるかと思いますが初めて試す商品はパッチテストを行うことが大切。

シャンプーなどでも商品によってかぶれが出てしまうよう敏感肌の方は、特に安全な白髪染めでもパッチテストをすると良いでしょう。

やり方は商品によって様々ですが、下記の手順が一般的です。

■白髪染めを行う48時間前に、腕の内側(皮膚が薄い部分)に商品を直塗りします。

症状は多くの場合、白髪染めを行った当日よりも翌日の方が出やすいので、時間をおくことはとても重要です。
そのため、染める数時間前に試したからといって安全だと判断しないようにしてください。

商品が自身にとって安全な白髪染めかどうかを確認するためには、白髪染めをする2日前にテストを行いましょう。

■白髪染めを皮膚に塗布後は30分後に様子を見るようにして下さい。

染めている間、多少でも痛みやかゆみといった症状があらわれた場合は、すぐ水で洗い流します。
間違っても、皮膚に浸透するようなこすり洗いはしないでください。
症状がもっと悪化してしまうことに繋がりかねません。

ちょっとした変化を感じた場合はすぐに洗い流して、使用した白髪染めを使うことは止めて次の商品を試すようにして下さい。

■48時間のパッチテストで症状が確認されなければ、やっとここで安全が認められます。

白髪染めを行っていきましょう。

安全な白髪染めを代表するヘアカラートリートメントは、アレルギーなどの症状でヘアカラーが出来ないと悩んでいた方の救世主です。

人気のあるヘアカラートリートメントは、売上の個数が安全な白髪染めである証です。

安全な白髪染めのランキングサイトで紹介している商品は、より安心して使用できるものになっていますが、やはり敏感肌の方やアレルギーが心配される方は安全な白髪染めであってもテストは必要です。

ご自身の体質にあった、安全な白髪染めをみつけて気になる部分をケアしていきましょう。

安全な白髪染め トリートメント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする